彼女の名前は、都築梨恵。彼の名前は、丹羽謙一。
二歳差の二人の、歩いた道。
(初回公開:2007/05/13~2009/05/05 改訂・改題版掲載:2019/12/23)
01:年上の彼
「ずっと待ってるから。だから、頑張れ」 受験真っただ中のわたしと、高校二年生の彼。
02:おとすよ
「こじつけじゃないかな」 受験番号は不吉。果たして。
03:嫉妬
「子供扱いしないでよ」 僕だって穏やかなばかりの人間じゃない。
04:出会いはロマンチックに
「そういう考え方は、僕には出来なかったな」 わたしと彼の出会い。
05:フィフティ・フィフティ
「そんな事より、考えてよ」 人間に、いつかは降りかかってくる命題。
06:舞い散る雪
「……ごめんね」 すれ違う事もあるけれど。
07:携帯越しに
「頑張れ、梨恵。待ってる」 幸せの階段が途切れるのは、あまりにも突然で。
08:零れ落ちる
「いつ来てたの?」 こんな事があっていいのか。
09:結婚指輪
「わたしで、いいの?」 僕はひとつの決意をした。
10:十分毎に「愛してる」と
「僕は何度でも言ってあげるよ」 消えるなら、その端から埋めてゆこう。
Last:ねがえばかなう
「待ってるから」 時が流れても、人は生きて、未来へ続いてゆく。
Extra:ねがいはかなえ
「かなわない夢は、無いよ」 二人の想いを受け継いで、少女は生き続ける。
Page Top