『漆黒に輝く翼』6

BACKTOPNEXT


 クラウディアの率いる部隊と共に訪れた、ニアスの町―と云える規模ではない、むしろ村だ―は、ヴァルティルカ以上の悲惨な状態にあった。
 ニアスの男達はほとんどが、最初の襲撃で命を落とすか、重傷を負い、戦える者はほぼ皆無。家々は破壊され、畑も焼かれて、行き場を失った子供が立ち尽くして泣いている。同行したサフィニアも、流石に顔色を青くして、告げるべき言葉を見出だせずにいた。
「また魔物の襲撃があるかも知れん。警戒にあたる者と、サフィニア様と戦巫女殿をお守りする者とに分かれろ」
 クラウディアがてきぱきと指示を下し、兵士達が村中に散る。芙美香はサフィニアと共に、怪我人が収容されている医療所に向かった。ヴァルティルカの時のように、酷い怪我を負った人々の、凄惨な状況が目の前にあったが、今度は、怯む事をせずに、怪我人の世話にあたる。
 と、しばらくした頃、にわかに外が騒がしくなった。窓際に駆け寄って外を見ると、兵士達が何かを叫び、村人は、彼らが示す方向へと着の身着のままで逃げている。そして、兵が剣を抜いて立ち向かう方向には、赤い鱗を持つ、小型の飛竜が何匹も、視界に入った。
 竜はすばしっこく飛び回り、ネーデブルグ兵を翻弄する。たちまち幾人かが爪で斬り裂かれたり、竜が吐き出した炎をまともに浴びて、地に転がったりした。
「芙美香様?」
 窓枠に手をかけた芙美香を、サフィニアが怪訝そうに見遣り、それから、一気に乗り越えた事で、何処に向かうのかを理解して、悲鳴に近い叫びをあげる。
「無茶ですわ、戦う術を持たぬ者が、魔物の前に出て行くなど! お戻りください、芙美香様、芙美香様!」
 芙美香は立ち止まらなかった。走りながら、腰に帯びていた剣―この遠征の際に、クラウディアがくれた剣だ―の柄に手をかける。真剣は重くて、一般女性の腕力では、鞘から抜くのも一苦労だったが、それを手にし、兵士達が戦っている場所へと駆けて行った。
 真正面から飛びかかって来た飛竜を、芙美香は、剣で振り払った。ビギナーズラック、とでも云うのだろう。剣は敵の急所を突き、竜が赤い粒子を立ちのぼらせて消滅した。
「戦巫女様!」
 まぐれとは云え、戦巫女が魔物を倒した、その事実に、兵達は沸き立つ。
「村人の避難は、終わったの?」
「は、あらかた」
 昂揚する空気に呑まれないよう、出来る限り平静を保ちながら辺りを見渡して、芙美香は、見慣れた顔が、その場に居ない事に気がついた。
「……クラウディアは?」
「隊長は、残っている者が居らぬか、幾人かを連れて、あちらの方へ向かわれました」
 虫の知らせ、と云うものが有る。胸騒ぎを覚え、兵が指し示した方向へ、芙美香は走った。そして、村外れの、壊れた家々が並ぶ場所に辿り着いた時、彼女は、動く事も、言葉を発する事も忘れて、ただ立ち尽くしてしまった。
 翼持つ魔物が、宙を飛び交っていた。空を舞う敵に、ネーデブルグの兵達は、決定打を与える事が出来ず、急降下して来た魔物に、鋭い爪で斬り裂かれては、血の尾を引いて倒れた。
 芙美香は、何とか視線だけは動かして、その、倒れている者の中に、見覚えのある栗色の髪を見つけた。うつぶせになっていて、表情がわからない。いつもまとめていたその髪は、紐がほどけて、地に広がっている。
「……クラウディア?」
 自分でも情けない、と思うくらい弱々しい声が、口から洩れる。と、その時、伏せているクラウディアが、自身の腕の中に、誰かを守っている事に、芙美香は気づいた。
 身体は、ぎしぎしと音を立てそうな程ぎこちなかったが、何とか動いた。よろよろとクラウディアに近づき、覗き込む。腕に力を込めて、あおのけに返した途端、彼女の腕の中から飛び出した幼い子供が、泣きながら走り出し、兵の一人に伴われて、村人が避難している先へ、駆け去って行く。しかし芙美香の視線は、クラウディアに釘付けになったまま、動かす事が、かなわなくなっていた。
 クラウディアは深手を負っていた。子供をかばった時に、魔物に斬りつけられたに違い無い。胸から脇腹にかけて大きく斬り裂かれ、とめどない血が、大地を赤く染め上げている。
「クラウディア」
 ぬるりとした血の感触が触れるのにも構わず、彼女の傍らに膝をつく。クラウディアは、息も浅く、虚ろな目をしていたが、芙美香の呼びかけに、のろのろと視線を彷徨わせ、やがてこちらに向くと、力無い笑みを、浮かべた。
「やあ、芙美香。少し……しくじった」
「喋らないで。今、サフィニアを呼んで来るから」
 立ち上がりかけた芙美香の腕が、しかしどこにそんな力が残っているのか、ぱしりと、強くつかまれる。
「無駄な事はしなくていい。もう……保たない。自分の身体の事だ、自分が、一番よくわかっているさ……」
 愕然として見下ろす芙美香の眼前に、震える手が、何かを取り出す。
 細長い、淡い緑色。かつてクラウディアに譲った、シャープペンシルだった。
「これを……ネーデブルグに広められなくなってしまったのが、……心残りかな」
 彼女自身の血で、赤い染みがついてしまったそれが、芙美香の手に返される。
「芙美香……戦巫女……ネーデブルグを、どうか……」
 その言葉を最後に、緑の瞳が閉じられ、ぱたりと、手が力を失い、地に落ちる。それきり、クラウディアは、動く事が無かった。
 芙美香は、血濡れのシャープペンシルを掌の上に載せたまま、しばらく呆然と、友の顔を見つめていた。
「戦巫女様!」
 そこに、背後から、兵の警告が飛ぶ。死者を悼む暇を与える気概など持ち合わせていない魔物が、まっすぐに突っ込んで来たのだ。
 かっと、頭の芯が熱くなった。
「邪魔、しないでよ!」
 咄嗟に、手にしていたシャープペンシルを眼前にかざし、芙美香は願った。この不粋な輩を斬り捨てる力が欲しいと。強く願った。すると。
『力を求めるか、戦巫女』
 耳に届くのではなく、直接頭の中に響く、女―むしろ少女―の声が聞こえた。
『求めるならば、応えよう。だが、怒りや憎しみのみで戦うな。戦巫女は、世界に平穏をもたらす為に在れ』
 身体の中に、黒い、しかし神々しい輝きを伴う力が満ちてくるのが、わかる。それは溢れ出し、手にしたシャープペンシルに流れ込んだかと思うと、一振りの、黒い剣に、その姿を変えていた。

BACK / TOP / NEXT