出会いはロマンチックに


それは、十三歳の夏休み。
図書館で。
読みたい純文学を探していたわたしは、それを見つけたんだけれど、当時150センチも無かった身長では、本棚の上の方には届かなくて。
必死に背伸びして、手を伸ばしていたら。
横からすっと出てきた手が、目的の本をあっさり取り出して。
「取りたいのは、これでいいのかな?」
わたしよりずっと高い位置から、眼鏡の奥の優しい目が見下ろしてきた。
それが、最初の出会い。

再会は、すぐに来た。
また別の本を借りに来て。
本棚に手を伸ばしたら、横から、同じ本に伸ばされる手。
「あ」
重なる、二人の声。
「今日は、手が届く位置にあったね」
彼は、やわらかく微笑んだ。
図書館横にある公園の木陰のベンチで、彼が買って来てくれた缶ジュースを飲みながら、語り合った。
都築梨恵と、丹羽謙一と云う、お互いの名前。同じ中学の、一年と三年だと云う事。好きな本の事。
「あの話は良いよね。全ての設定が無駄無く使われて、ひとつの物語として成立している」
わたしが好きな本のタイトルを挙げたら、彼はうなずいて同意してくれた。
「もし自分が、八十分しか記憶が保たないとしたら」
勢い良く吹き上げる噴水の水を眺めながら、わたしは言った。
「きっと、あの話の博士みたいに生きる事は出来ないと思うんです。毎日泣いて過ごしちゃうかも」
彼はしばらく応えてくれなかった。子供っぽい感想しか言えないから、呆れられたかな。しゅんとなってうつむいたら。
「そういう考え方は、僕には出来なかったな」
優しい視線がわたしに向けられていた。
「梨恵ちゃんは想像力豊かなんだね」
その言葉にか、込められた優しさにか、それとも、いきなり名前を呼ばれた事にか。
とにかく、わたしの心臓はどきりと高鳴った。
「ま、また」
どきどきしながら言葉を発したものだから、思わずどもる。
「こうやって、お話ししてくれませんか」
彼は、少しだけきょとんとした後、穏やかに微笑んで。
「いいよ。僕も梨恵ちゃんの話を聞きたいな。色んな本を貸してあげるから、感想を聞かせてよ」
これからも彼に会える。それが嬉しくて、わたしは何度も何度も首を縦に振った。
それが、わたしたちの、はじまり。

余談。
二人が手を伸ばした本は、結局彼がわたしに譲ってくれた。
後日、わたしが興奮気味に感想を語るのを、彼はやっぱり笑顔でうなずいて聞いてくれた。

Page Top