『おとすよ』



大学受験の、合格発表日。
周囲には、喜びの歓声と、落胆の溜息が入り乱れている。
そんな中、受験票を手に、顔を上げられない、わたし。
「それで、番号は?」
彼の問いかけに、蚊の鳴くような細い答えを返す。
「……おとすよ」
「え?」
眼鏡の奥の目が、不思議そうに見下ろしてくる。
「O-1034。『おとすよ』」
それはそれは、不吉な受験番号。
すると彼は、苦笑を浮かべて。
「3を『す』に変換するのは、こじつけじゃないかな」
そう言って、わたしの手を引いて、合格者番号がずらりと貼られた掲示板の前へと、ずんずん進んで行った。
うつむいたままのわたしの隣で、しっかりと手を握ったまま、彼が、わたしの代わりにO-1034を探す気配がする。
やがて。
「梨恵」
繋いだ手に、込められる力。
おずおずと、視線を上げると、彼が指差す先には。
O-1034の文字。
「落とさないよ?」
にこりと、微笑む彼。
十数秒の後、ようやく実感が押し寄せて、わたしはがばりと彼に飛びついた。
「受かった。受かったよ、謙ちゃん!」
「うん。よく頑張ったね、梨恵」
彼は優しく抱き返してくれる。
「これから2年間、一緒だよ」
「うん」
目から流れるのは、嬉し涙。
「すっごく、嬉しいよ」
口から出たのは、喜びの言葉。

TOP / NEXT