第4章:人魚姫は泡に還るか(1)


 王妹の娘がマル・オケアノスに帰還した事は、瞬く間に城中に伝わり、それを祝って盛大な宴が催される事になった。
 その準備の間に、「存分に着飾っておいで」とメーヴェリエルに優しく告げられた事で、アイビスはひとりの人魚に連れられて、薄布の衣装がずらりと並ぶ部屋へと連れてゆかれた。
「シャオヤンテ」とぶっきらぼうに名乗った彼女は、この城に初めて来た時、門の前で待っていた少女だ。赤い髪と瞳を持つアイビスに似合いそうな服をてきぱきと選んで、「ん」とこちらに突き出す。
「ん」で突き出されても、衣装は一応人間向けなのだろうが、胸と腰回りを申し訳程度に隠すほどに露出度が高い。それ以前に、今まで着ていた服を水中で脱ぐのが一苦労で、のたのたしてしまう。するとシャオヤンテがわざとらしく大きな溜息をついて、「もう、どんくさいなあ」とぶちぶち文句を言いながらも、慣れた手つきでアイビスの着替えを手伝い、陸の王女から海底の姫へと変貌させてくれた。
 巨大な貝を磨いた姿見で己の格好をまじまじと眺める。水着のような緋色の衣装に、貝殻を編んだ飾りがあちこちについて、水の動きに合わせて揺れている。母や姉に似ず、胸に膨らみが無いのは密かな悩みだ。そして脚は太腿まで素肌をさらし、すうすうして落ち着かない。恥ずかしそうにこちらを見つめる、鏡の中の自分と向き合っていると。
「ぼさーっとしてるんじゃないよ。きっとサシュヴァラルが待ちくたびれてるんだから」
 シャオヤンテが柱に寄りかかって腕組みしながら、つっけんどんに声をかけてきた。その態度に、アイビスの脳裏にひとつの可能性が浮かび上がってきて、疑問は口を衝いて出る。
「サシュの事が好きなの?」
 たちまちシャオヤンテが驚きに目をみはる。だが。
「ハァ!?」
 裏返った声をあげる彼女の口から飛び出してきたのは、アイビスの予想からは斜め上に外れた答えだった。
「サシュヴァラルはボクの兄貴だよ! 何が楽しくて、年がら年中キミの事を惚気てばかりの兄を好きにならなきゃいけないのさ!?」
 今度はアイビスが呆気に取られる番だった。サシュヴァラルが兄という事は、彼女もメーヴェリエル女王の娘であり、自分とも血の繋がりがある親戚という事になる。意外な血縁者の出現にアイビスが目を白黒させていると。
「でも、まあね」
 と、シャオヤンテがぷう、と溜息を吐き出した。
「馬鹿兄貴のせいでキミを恨むのはお門違いだからね。友達になってやってもいいよ。実際、従姉妹なんだし」
 態度には少々難があるが、配慮は十二分に備えている子のようだ。メーヴェリエルやサシュヴァラルの性格を顧みても、本当に悪い人魚ではないらしい。それがわかると、自然に笑みが零れて、「ありがとう」と、アイビスは右手をシャオヤンテに向かって差し出した。
「じゃあ、あなたの事を、シャオ、って呼んでも良いかしら」
 シャオヤンテは、珍しい物を見るような目で、差し出された手を見下ろしていたが、やがて、唇をあひるのように尖らせると。
「しょうがないなあ」
 相変わらず素直ではない言葉を吐きながらも、手は素直に、ひんやりと握り返してくれた。
「シャオヤンテ」その時、部屋の外から、サシュヴァラルの呼びかける声がした。「アイビスはまだか」
 声色からも、待ちきれずに焦れているのがうかがえる。シャオヤンテが呆れきった表情を向けて肩をすくめたので、アイビスも苦笑いを返し、そっと床を蹴って部屋の外へと泳ぎ出てゆく。
 サシュヴァラルは、自らも先程より貝殻や骨の飾りが増えた格好をして、廊下で待っていた。アイビスの姿をみとめると、ぱっと笑顔を弾けさせながら泳ぎ寄ってきて、その逞しい腕で少女を抱きすくめる。
「綺麗だ。どんなに光る鱗を持つ海の魚よりも、美しくて、可愛らしいよ」
 直球の心地良い声が耳をくすぐり、触れ合う肌の範囲が広くなった事で、気恥ずかしさが増す。許婚のジャウマは、決してこんな風にアイビスを褒めも認めもしてくれなかった。
「あ、ありがとう」
 嬉しさと面映ゆさにアイビスが頬を朱に染め、もじもじと返すと、
「ああ、あてられる」
 二人の背後で、シャオヤンテが耐えられない、とばかりに天井を仰いだ。

 ごく自然に腰に手を回すサシュヴァラルに導かれ、アイビスは再び城の広間へと向かう。そこには、今まで遠巻きにアイビスを見ていた人魚達がつめかけ、主役の登場にわっと場が沸いた。
「あなたがリーゼロッテ様のご息女?」
「教えてください、地上はどのような風景なのですか」
「ごはんはおいしい?」
「サシュヴァラル様が、空を飛ぶあなたの美しさをそれはもう毎日のように語っておられました。空とは、いかなるものなのですか」
 金髪に緋色の鱗を持つ女人魚。紫の髪と鱗を持つ、サシュヴァラルより屈強な男人魚。銀髪に緑の鱗をした少女。髪も髭も真っ白だが、紺碧の下半身はいまだ美しく輝く老人魚。様々な人魚達がアイビスを取り囲み、口々に質問を浴びせかけてくる。陸の民と海の民が戦によって分かたれたのは千年近くも前。その悲惨な時代を知らない今の人魚達には、地上は純粋に興味の対象として見えるのだろう。矢継ぎ早に問いかけられ、アイビスがくらくらしていると。
「馬鹿みたい」
 盛り上がった場の水温を一気に冷やす、冷徹な声が浴びせかけられた。皆の視線が一斉にそちらを向く。腰までの長い薄緑の髪と、翡翠のような鱗持つ魚の下半身をした、アイビスとそう歳の変わらないだろう女人魚が、不機嫌そうに銀色の瞳を細め、まっすぐにこちらを睨んでいた。
「自分達を地上から追いやった連中の子孫なんてちやほやして。何をされたのかも忘れて浮かれて、海の民の誇りなんて微塵もありゃしないわ」
「エスタリカ」アイビスを囲む誰かが彼女をたしなめる。「リーゼロッテ様のお子様に失礼よ」
 だが、エスタリカと呼ばれた人魚は、反省の色を見せるどころか、殊更憎々しげに唇を歪め、暴言を放つ。
「海を捨てて地上の空に狂った女になんて、敬意を払う必要も無いわ」
 そう言い捨てて、彼女はふいっと背を向けると、翡翠色の下半身で水を蹴り、広間を出て行った。
 しばし、気まずい沈黙が落ちる。
 そう、サシュヴァラルやメーヴェリエル達があまりにも優しいので、つい忘れていた。自分は地上の人間。海のひとびとにとっては過去の仇敵だ。憎しみを身に浴びる可能性の方が高かったのだ。
「気にするなよ」
 アイビスが落ち込むのも織り込み済みだったのか、シャオヤンテが傍らに泳ぎ寄ってきて、低い声で耳打ちした。
「あいつ、サシュヴァラルに昔から言い寄っててさ。でも、兄貴はキミにぞっこんで見向きもしなかった。ただの逆恨みさ。まあ、諸悪の根源は兄貴だけど」
 最後の部分は少し声量を大きくして、アイビスの腰を抱いているサシュヴァラルにわざと聞こえるように強調する。シャオヤンテの意図通り、しっかり耳に届いたのだろう。当の『諸悪の根源』は、困ったように眉根を寄せて、肩をすくめた。
「さあ、さあ、湿っぽいのは無しにするのじゃ。食事を持て!」
 澱んだ雰囲気を変えようと、メーヴェリエル女王が軽快に手を叩く。水の中でも『湿っぽい』などという比喩があるのか、とアイビスが考えているうちに、人魚達が大皿を手に広間へと入ってきた。
 魚や貝類の刺身、食べやすく殻を割った甲殻類、海藻と共に盛り付けられたフジツボ。エレフセリアでも口にした事の無い食材を用いた料理が、次々と運び込まれる。海の仲間を食べてしまっても良いものかどうか、伯母が自分に気を遣ったのではないかと、アイビスはひやひやしたが。
「気にしなくていいさ」
 そんな彼女の恐れを察したか、サシュヴァラルが耳元に唇を寄せて、囁きかけた。
「海の民はお互いに補い合うんだ。俺達は小さな民を食事としていただく。代わりに小さな民は、死んだ人魚をつついて栄養とし、海に還す。遙か昔からの、文に無い盟約だ」
 大きな魚に付いて泳ぎ回り、守ってもらう代わりに、纏わり付くプランクトンなどを食べて掃除をする小魚がいるという。そんな相互扶助の関係が、他の海の生物の間にも確立しているという訳か。アイビスが納得する間に、料理が取り分けられ、中身が水中に溢れ出さないように作られた海水晶の球形グラスに収まった青い飲み物と共に、広間にいる者達に等しく配られる。
「海の恵みに感謝を!」
『海の恵みに感謝を!』
 グラスを掲げて口上を述べるメーヴェリエル女王に応えて、その場にいる誰もがグラスを高々とかざし、復唱する。見よう見まねでアイビスもグラスを少しだけ高く持ち上げ、グラスに取り付けられた棒状の吸い口に唇をつけた。途端、ほんのり甘く、それでいてのどごし爽やかな飲料が、口内に流れ込んでくる。素材に何を使ったのかわからない飲み物ではあったが、これだけの人数分球形グラスが用意されている事と、人魚達がきゃっきゃと談笑しながら飲み続けている事から、海底では一般的な飲み物として普及しているのだろう。
 続いて、料理に手をつける。流石にナイフやフォークの習慣は無いようなので、手づかみで食する。地上と異なり、常に海水の塩味が利いている刺身は、舌の上でふわりと溶ける。生まれて初めて口にするフジツボは、食べられないのではないかという予想とは裏腹に、こりこりと歯応え良く、蝦蛄シャコでも食べているような感覚で食する事が出来た。
「驚いてる、驚いてる」
 珍味に目を白黒させるアイビスを見て、シャオヤンテが愉快そうに笑いを洩らし、「これも美味いよ」と、豪快に半分に割った海老を示す。海老ならエレフセリアでも生で食していたので、怖じ気づかずに食べられそうだ。手に持って、ちゅるりと身を吸うと、柔らかい肉の感触が甘く舌に触れ、喉を通り過ぎていった。
「美味しい」
「何だよ、こっちもいい反応してくれると思ったのに」
 素直に感想を述べると、目論み通りにならなかった事に、シャオヤンテがぷうと頬を膨らませる。
「地上の人間は、どれを食べて、何を食べてない訳?」
「そうアイビスをからかうな、シャオヤンテ」
 つまらなそうに洩らす妹を、サシュヴァラルが横からたしなめた。
「地上の食べ物も、それなりに美味かったぞ」
 アイビスがサシュヴァラルに与えた白パンの事を言っているのだろう。あれだけで地上の食事の全てを解釈されても困りものだが、今はそれを説明すべき時ではないと判断し、アイビスは人魚達に笑顔を見せる。
「海の食べ物も、とても美味しいわ。エレフセリアでは食べられない味がするもの」
 その答えに、サシュヴァラルは満足げに微笑み、シャオヤンテは悪戯心の芽を摘まれてしまったのか、「ま、まあ、そこがわかればいいんだよ」と、肩までの青い髪を指先でくるくるともてあそんだ。
 食事が一段落すると、歓談に入る。時間の経過が警戒心を解いたのだろう、アイビスの周りには広間に入ってきた時以上に人魚達が詰めかけ、こぞって地上の話を聞きたがった。
 真夏には熱く、真冬でも温かい風の吹くエレフセリア。空から照りつける太陽。浜辺を舞う汐彩華。夜に踊る汐火垂。時折嵐が訪れる事もあるが、それを逞しく乗り越えた農作物は、甘くしっかりとした実をつける。海とは違う青を持つ空の下、空気を裂いて滑空すれば、翼持つ鳥の気分を味わう事が出来る。地面に足を捕らわれている時とは違う、海の中を自由に泳ぐ感覚に似ている。民の気性は穏やかで明るく、王族を慕ってくれている
 そこまで話したところで、アイビスはふっと口を閉ざして黙り込んでしまった。今まで忘れかけていた事。それが、泥水が湧き出るかのように、胸の中を満たしてゆく。
「皆、そこまでだ。慣れない海に、アイビスも疲れている」
 少女の表情の翳りに気づいたのだろう。サシュヴァラルが人魚達を遠ざけ、アイビスの肩に手を回した。息子の意図を酌み取って、メーヴェリエルも手を鳴らす。
「さあ、宴はお開きじゃ。各々片付けよ」
 女王の一声の下、人魚達は三々五々散ってゆく。ぼんやりとその様子を眺めていると。
「アイビス、行こう」
 サシュヴァラルが、肩を引き寄せて促した。
「ひとが多くてあてられただろう。散歩をして、少し気分を変えた方がいい」
「ええ……」
 たしかに、何だか足元がふわふわしておぼつかない。アイビスはゆるゆるとうなずくと、サシュヴァラルに引かれるまま、広間を出ていった。

Page Top