第3章:水底に揺蕩う雪(4)


 海底は静謐の中にあった。空を飛ぶ時に耳朶を叩く、風の音も、波の音も聞こえない。アイビスとサシュヴァラルが水をかく音さえ呑み込まれ、言葉を発する事すら後ろめたくて、沈黙ばかりが流れ去る。
「聞いても良いかな」
 あまりの無言に耐えられなくなったか、サシュヴァラルが泳ぎながら口を開いた。
「君は何故、俺と別れた後も空を飛び続けようと思ったんだ」
 そういえば、誰にも訊かれた事が無かったし、ただひたすらに翼を作る事に夢中になっている内に、アイビス自身も忘れ去ってしまっていた。心の奥の、鍵をかけた宝箱を軽く叩き、記憶を呼び覚ます。
「あなたに今のわたしの姿を見せたかった、ってのもあるけれど」
 色褪せつつある思い出を回顧しながら、アイビスはぽつりと零した。
「母様が、『空を飛びたい』って言ってたから」
 母リザは、自室で水槽を眺めている以外の時間は、幼いアイビスを連れてエレフセリアの白い砂浜を歩く事が多かった。娘が裸足になって浅瀬に踏み込み、歓声をあげながら海の碧の中ではしゃぎ回るのとは対照的に、母は青い空に流れる雲を仰ぎ、吹き抜ける風に青い長髪をなびかせながら、にこにこと佇んでいたものだ。
『エレフセリアの空は美しいわ。昼の青、夕方の赤。私と陛下の色。それが混じり合った、夕立前の紫の空も好きね。少しわくわくしちゃう』
 汐彩華舞う中、彼女の子供のように無邪気な笑顔は、一際輝いて見えた。
『いつか、鳥になってこの空を飛んでみたい。翼で風を受ける感覚がどんなものか、知ってみたいわ』
 生憎、その後母は病がちになり、しばらくしてこの世を去った。母が果たせなかった夢を、追いかけてみたい。それがアイビスを、空への飛行へ駆り立て続けた。
「成程」サシュヴァラルが得心がいったようにうなずく。「君は、お母上の遺志を継いだんだね」
「そんな大層なものじゃあないわよ」
 遺志、などという大仰なものではない。ただ、動機となっただけだ。結局のところ、翼をまとって宙を舞いたい、この身で風を受ける気分がどんなものかを知りたい、という、アイビス自身の好奇心がうずいた事の方が大きい。サシュヴァラルの存在や母の言葉を横に追いやって、翼の作成に没頭していたくらいなのだから。
 それを告解すると、サシュヴァラルは少し困ったような笑みを浮かべて、首を横に振った。
「それでも良いんだよ。自分達と異なる文化を理解しようとするのは、過去の清算になると、俺は思っている」
 そこで一旦言葉を切って、彼は手の中のトライデントに視線を落とす。
「俺もそうだ。地上の民を理解したかった。いや、許せるかどうか、知りたかったんだ」
 許す、とはどういう事だろうか。アイビスが目をしばたたくと、人魚の王子はちらりとこちらを一瞥し、気まずそうに顔をそむける。
「俺の父は、地上の民と海の民の争いを、終わらせようとしていた。地上の民が我々を海に追いやったのは千年も前で、その遺恨をいつまでも引きずるべきではないと、常々おっしゃっていた」
 王婿おうせいである彼は時折地上に上がり、エレフセリアとは別の海辺の国と、国交を築こうとしていた。だが、何かの行き違いがあったのか。それともその国の人間が、海の宝にでも目がくらんだのか。
 ある嵐の夜の後、血錆のついた、メーヴェリエルと揃いの首飾りだけが、海底に静かに降ってきたという。
「当然と言うべきだろう、母上は怒り狂った。海竜となって津波を起こし、その国を滅ぼした」
 アイビスはひゅっと息を呑んだ。たしかに幼い頃、近隣の小国がひとつ、大津波によって王族や多くの民を失い、国としての機能を停止した知らせが、エレフセリアにもたらされた事があった。それが自然災害ではなく、人間の欲望の結果であるという告白を、自分は今聞いている。
 姉タバサを放置していたら、サシュヴァラルは殺され、エレフセリアもまたその国と同じ運命を辿るところだったろう。自国が最大の危機にあった事に、今更心臓が逸る。しかし、サシュヴァラルを助けた事はやはり間違いではなかったのだという安堵感が、後から訪れる。
 唇を噛み締め、サシュヴァラルの言葉を胸の中で反芻する。そして、握った手に力を込めて。
「出来るわ」
 自信に満ちた言葉を発する事で、サシュヴァラルをはっとこちらに振り向かせた。
「地上の民と海の民がわかり合うのを、諦めてはいけない。こうして、あなたとわたしが手を取り合えるのだもの」
 人魚の王子が蒼の目をみはり、それから、「そうだな」と相好を崩す。
「君となら、本当に出来そうだ。そんな君だから、俺は」
 ぽそり、と、アイビスには聞き取れない何かをつぶやき、それきり彼は口をつぐんで、また沈黙が落ちる。だが、それは先程までの、会話を探る気まずさではなく、互いを少しだけ理解する事が出来たゆえの安心感が胸に広がるもので、気のせいか、周囲の水も温かく変化したように感じた。
 さらに深淵へ。地上の光はほとんど届かなくなってしまったのに、あちこちで色とりどりの光を放つ、エレフセリアの海辺では見られない生物がいて、暗さによる不安を感じずに済んでいる。
「あった」
 サシュヴァラルが唐突に口を開いて、トライデントで先を示す。彼の瞳はこの海底の全ても見通しているのだろうか。軽い疑問を抱きながらカンテラをそちらに向ければ、灘雪によって白く染まった、元は豪奢な色をしていただろう人工物が視界に広がった。これが沈没船か。
 水底で永い時を経た船体は、ところどころが崩れ、窓硝子も割れて無くなり、海の生物が自由に行き来している。割れた窓から侵入を試みる手も考えたが、アイビス達の身体は魚より大きい。通り損なって大怪我をする可能性を鑑みて、過去に来た人間が通った道が無いか、探してみる事にした。
 深海魚の頭骨のカンテラをかざしながら、船の周りをぐるりと一周してみる。すると、船体の一部に、複数人が通れそうな大穴が空いているのを見つけた。これが、かつての探索者が拓いた道なのか、それとも、この船が沈没する羽目になった原因なのか。アイビス達には知る由も無いが、中へ進む場所として、ありがたく使わせてもらう事にした。
 大穴をくぐれば、辺りは更に暗くなる。カンテラの明かりだけが頼りだ。進入した場所はどうやら厨房だったらしく、潮で錆びきった缶詰やフォーク、割れていなければエレフセリアでは相当な高値がつく、異大陸の模様皿の欠片が漂っている。それらで手足や顔を切らないように気をつけながら扉を開ければ、ぼろぼろに腐った服の残骸をまとった白骨死体が急に目の前に現れた。思わず目をみはって、喉まで出かかった悲鳴を必死に呑み込む。
「遙か遠い地上の国にあるという、『お化け屋敷』みたいだな、ここは」
 サシュヴァラルが冗談めかして抑えた笑い声をあげる。こんな時に不謹慎な、とたしなめようとしたが、青白い光に照らし出される彼の横顔は真剣そのものだ。アイビスの緊張を少しでもほぐそうと気を遣ってくれていたのだとわかると、苛立ちは引っ込み、代わりに感謝の念が湧いてくる。
 礼を言おうとしたその時、不意に近づいてくる気配を感じ取って、アイビスは咄嗟にサシュヴァラルの手を引き、折れた柱の陰に身を隠した。
 崩れかけた廊下の向こうからやってくるのは、真っ白い鮫のような生物だった。目と思しき器官は無く、ひれのあたりまで裂けた大きな口からは鋭い鋸のような牙がのぞき、頭から生えた触覚が時折緑に光って、ゆらゆらと揺れている。
 光を察知するかはわからない。だが、これに捕まったらあの牙の餌食になりそうだ。かといって、本当に害があるかどうか判断出来ない内にこちらから手を出しては、メーヴェリエル女王との約定を違える事になる。今にも飛び出してトライデントを突き立てそうなサシュヴァラルの腕を引いて留め、カンテラの光も消し、じっと息を潜める。
 ちらつく緑の光だけが、ゆっくりと、こちらに近づいてくる。呼吸でばれないか、速まっている鼓動が伝わりはしないか。身を強張らせすぎたあまりに耳鳴りまでする。これが地上だったら背中に大汗をかいているだろう。
 アイビス達の警戒をよそに、鮫もどきはゆったりとした泳ぎのまま、柱の脇を通り過ぎ、そして、廊下の向こうへと姿を消した。
 深い溜息が水中に溶ける。極度の緊張が解けた途端に脱力したアイビスの腰を、サシュヴァラルがすかさず抱き留めて、その場に崩れ落ちるのを防いでくれた。
「ありがとう」
「それはこちらの台詞だよ」
 カンテラをつけて礼を述べれば、青年は決まり悪そうに眉を垂れて苦笑する。
「邪魔ならば何でも倒せば良いと思っていた俺を、君は止めてくれた。君は正しい判断をしたんだ。ありがとう」
 その途端、アイビスの胸にも嬉しさが溢れる。地上で、己の判断を正しいと言ってくれる人は少なかった。父は娘の言葉を笑ってすげなく流したし、受け止めてくれる母は早くに逝った。ファディムも表だってはアイビスを支持出来なかった。姉とジャウマに至っては論外だ。サシュヴァラルの言葉は、真正面から褒められる事に慣れていない少女の心を打つのに、十二分な威力を持っていたのだ。
「と、とにかく」
 動揺している事を悟られないように、再び光を灯したカンテラで廊下の奥を照らす。
「先へ進みましょう」
「ああ。はぐれないように気をつけて進もう」
 こちらの心中を知ってか知らずか、サシュヴァラルはトライデントを握り直して、アイビスの手も握り直す。これが地上だったら、掌にびっしり汗をかいていたに違い無い。海の中で良かった、とアイビスは相手に悟られない程度に吐息をついた。

 その後、船内に危険そうな生物は現れなかった。かつての乗員だったろう死体が漂い、深海の民がちらほらと行き来する以外、静寂に包まれた中を、生者ふたりが、いにしえの死者の眠りを乱さないように静かに泳ぐ。
 やがて、狭苦しかった廊下が終わりを告げ、外れかけた扉を押し開くと、人間数十人は収まりそうな広間に出た。エレフセリアには無い文化の、ダンスホールだろう。
 道を辿ってきた限り、ここが最奥のようだ。メーヴェリエルの言う宝はどこにあるのか。カンテラで見える範囲をきょろきょろと見回していると。
「危ない!」
 サシュヴァラルが突然声を荒げて、アイビスの腕を強く引いた。よろめくように身を引いた直後、何か鋭いものが、最善までアイビスのいた場所を薙いでゆき、ぶわりと強い水流に巻き込まれそうになる。
 一体何なのか。カンテラをそちらに向けるより先に、赤、青、緑、紫、白といった光が放たれ、鋭い何かの主が、形を表す。それは、エレフセリアの伝承に語られる、海に棲みながらも長い体毛を持つ、蛇に手足が生えたような、海竜の名を思い起こさせて。
「レヴィアタン!」
 サシュヴァラルが、アイビスが思い至った怪物と同じ名を叫んだ。

Page Top