第3章:水底に揺蕩う雪(2)


 海の底には、ただ暗い深淵が広がっているだけかと思ったが、実際に目の当たりにする海中は、地上では見られない美しさに満ちていた。緑の草原に咲く色とりどりの花の代わりに、青の水の中で鮮やかな色の魚が踊っている。時折、鋭い牙を持つ鮫が長い体をくねらせて脇を泳いでゆくのには、噛みつかれやしないかと身をすくませてしまったが。
「心配無い」
 サシュヴァラルがくすりと笑って、アイビスの手を引き身を寄せてくれた。
「海の生き物は海の民とその血を受けた者を、同類と見なしてくれる。まれに襲いかかってくる奴もいるけれど、それは腹を空かせすぎて狂ったり、こちらから過度な手出しをした時だけだ」
 そうは言われても、毎年海で犠牲になる人間が出る生物に対して、すぐに恐怖心が消える訳ではない。サシュヴァラルからはぐれないように、ぎゅっと指に力を込めれば、優しく握り返す感触があった。
 そんな海の中を、どれくらい泳いだだろう。数分か、数十分か。時間の感覚さえ曖昧になってきた頃、アイビスの目の前に、突然一面の白が現れた。
 それはエレフセリアの王宮とは違う、書物の設計図でしか見た事の無い『城』を思い起こさせた。海底に転がる白い岩を運んできて切り出したのだろう柱や壁で組まれ、硝子の無い窓からは魚が自由に出入りしている。多くの蛍烏賊ほたるいかが発光しながら周りをふよふよと漂い、その威容を照らし出していた。
 サシュヴァラルは迷わずその城へと向かってゆく。地上とは技術が異なるのか、見た事も無い波打つ紋様が彫り込まれた、入口と思しき大きな門に、青い髪の女人魚が腕組みをして寄りかかっている。彼女はこちらの姿をみとめると、ややまなじりのつり上がった青い目をこちらに向けて、わざとらしく溜息をつきながら、腰に手を当てた。
「やっと帰ってきた訳?」
 その顔にはまだ幼さが残り、アイビスより年下ではないかとも見える。青の光がじろりとこちらに向き、呆れたように細められた。
「しかもとうとう攫ってきちゃってさ。怒られても知らないよ」
「だから怒られない為に、すぐに母上にお会いしたいんだ」
 刺々しい言葉にもサシュヴァラルは動じず、少女に問いかける。
「母上は、王の間か」
「そうだよ。あんたの捜索に、そろそろ兵を動かそうかって、ひとを集め始めたところだ。せいぜい深々と頭を下げるんだね」
 そう言い残すと、人魚の少女はぷいとそっぽを向き、悠々と泳いで城の奥へ消える。王子であるらしい彼に対して、随分とつっけんどんな態度で接する子だ、とアイビスは驚きに目を白黒させたが、当のサシュヴァラルは気分を害した様子も見せず、アイビスを促して城内へと泳ぎ入った。
 海の城は天井が高く、海月くらげが頭上をふよふよと漂ったり、海亀がゆったりと水をかいて進んだりしている。サシュヴァラルや先程の少女のような、ひとに近い形をした者は少ないのかとはじめは思った。が、こちらをうかがうような視線を複数感じて、こうべを巡らせれば、あちこちの柱の陰から、老若男女問わない人魚が顔をのぞかせ、囁き交わしている。
「人間だ」
「サシュヴァラル様が連れてこられたのか」
「難破以外で人間が来るのは、いつぶりだろう」
 どうやら物珍しさに好奇心がそそられるのは、お互い様のようだ。そう思うと少しだけ緊張が解けて、亜麻色の髪をした小さな少年に笑顔で軽く手を振れば、少年は青い目を真ん丸く見開いた後、ぱっと表情を輝かせ、ぶんぶんと手を振り返してくれた。
「殿下」「お帰りなさいませ」
 そんな興味のまなざしの間から進み出てきたのは、大人の身の丈はあろう銛を手にした、二人の男人魚だった。先程の少女が「兵」と口にしていたから、恐らくそうだ。海底にも軍の概念は存在するのだろう。
 彼らに導かれるまま、門と同じ波の紋様が刻まれた扉をくぐると、よく磨かれた白い床が広がって視界を覆う。そのあまりの明るさに、アイビスは一瞬目眩を起こしてしまった。だが、数秒ぎゅっと目をつむって、ちかちか瞬く星を追い出すと、ゆっくりと目を開く。そしてぱちくりとまばたきをした。
 銛を持った兵達が、両脇にずらりと並んでいる。その奥には、白い玉座があって、巨大な真珠を取り付けた錫杖を手にした女性の人魚が座し、こちらを見やった。
 アイビスはサシュヴァラルに手を引かれ、兵の見守る中を奥へと進む。そして女性から十歩ほど離れた場所で止まって、傍らの青年に促されるまま、女性に向かって深々と頭を下げた。
「母上、ただいま戻りました。ご心配をおかけして、申し訳ございません」
「まったくだの」
 サシュヴァラルの挨拶に、呆れたような溜息が降ってくる。
「我が放蕩息子が連れてきた、地上の王女よ、面を上げい」
 艶を帯びているが、この海でこのひとに逆らってはいけない、という畏怖を与える、そんな強さを込めた声だ。言われるままにアイビスは頭を上げ、初めて海の女王の顔をしっかりと見つめた。
 珊瑚の冠をかぶった青い髪は長く波打ち、時折水の流れに合わせてゆらゆらと揺れる。切れ長の深海色の目はサシュヴァラルと母子である事をたしかに思わせ、鼻筋がすっと通り、美人である事を如実に示している。魚の下半身は、蒼を基調にした鱗が、周りの光を反射して、ところどころが虹色にてらてらと輝いている。女王に相応しい美しさだ。
 だが、その厳しめな視線が、アイビスをまじまじと眺めて、驚きに見開かれた。「リーゼロッテ……」と、唖然とした声が、青で彩った小さめの唇から零れ落ちる。何をそんなに驚いているのだろう。小首を傾げると、女王はわざとらしく咳払いをして体裁を繕い、すっと背筋を伸ばして威厳を保ちながら口を開いた。
「よく来たの。わらわがこの海底の国マル・オケアノスの王、メーヴェリエルじゃ」
 しゃん、と。錫杖で一回床を突き、取り付けられた骨の鈴を鳴らしながら、女王は続ける。
「地上の民よ、そなたの名を告げよ」
 その言葉に、アイビスは自分が異邦者である事を思い出した。床に膝をつき胸に手を当て、メーヴェリエルの視線をしっかりと受け止めながら、名乗る。
「はじめまして、メーヴェリエル陛下。私はエレフセリア第二王女、アイビス・シア・フェルメイト・エレフセリアと申します」
 敢えてここでは真名を名乗るのが礼儀と思い、中の名前と姓まで口にする。途端、女王は眉根を寄せてくすぐったそうに笑い、「ああ、ああ、構わぬ」と首を横に振った。
「このマル・オケアノスで、地上の民の長ったらしい名は要らぬ。そなたはアイビス。それがわかれば良い」
 そこまで聞いたところで、アイビスの耳は、たしかな違和感を覚えた。いや、今までサシュヴァラルと話していてわずかに胸を横切った違和感が、メーヴェリエルとの会話の間には存在しない、と言った方が良いか。アイビスがその考えに至るのを待っていたかのように、海の女王は、得意気に口角を持ち上げた。
「驚いたかえ? わらわは遙か過去より生きる女王。そこのどら息子と違って、地上の言葉を話すくらい、魚を捕らえるより簡単な事よ」
「母上は手厳しい」
 サシュヴァラルが苦笑して肩をすくめる。成程、サシュヴァラルとの会話は人魚の血を介して海底の言葉が翻訳されているが、メーヴェリエルは地上の言葉でアイビスに接してくれているのか。直接アイビスの耳に、訳す必要の無い言語が流れ込んでいるのだ。
「お気遣い、痛み入ります」
 海の女王と地上の王女。選ぶ言葉をひとつ間違えれば、分かたれた民がまた争う羽目になりかねない。緊張を胸に抱きながら、アイビスが頭を下げると、メーヴェリエルが愉快そうに笑った。
「面を上げいと言うたじゃろうて」
 手厳しそうな見た目に反し、意外と話の通じる相手のようだ。そう判断し、顔を上げれば、しかし女王は、ふっと笑みを消し、蒼い目を細めて、「じゃが」と言を継いだ。
「我が子の目に適った娘とはいえ、歓迎するにはまだ早い。そなたには、この海へ来た人間が、この地に留まる為に必ず通る試練を受けてもらう」
「母上、それは」
「例外は無い」
 息子が抗議の声をあげるのを、一睨みでぴしゃりと封殺し、女王はアイビスに視線を戻す。
「この城から北へ向かったところに、数百年前の人間の沈没船がある。そこに我らの祖先が、宝を隠した。それを見て帰った時こそ、そなたを我らの友として歓迎しよう」
 青の唇がにい、と持ち上がり、深海の瞳に挑戦的な光が宿って、こちらを見すえる。
「さあ、どうする、アイビス? やるか? それとも尻尾を巻いて地上へ帰ると泣くか?」
 一瞬、アイビスの脳裏に、ひとつの憂慮がよぎった。アイビスとサシュヴァラルを海へ逃がす為に、犠牲になったファディム。彼が今どうしているか知る為に、一刻も早く地上へ戻りたい。あの様子では、姉は自分に夫を丁重に扱いはしないだろう。生きていたら助けて、万一の事があれば弔いたい。
 だが、そう思ったのは本当にほんの一瞬で、軽く首を横に振る。一人でのこのこ地上へ戻っても、ファディムの安否を確認する前に、「海の民にほだされた妹なぞ要らぬ」とタバサに始末されるのが関の山だ。ならば、この海に仲間として受け入れてもらい、彼らの助力を得て様子をうかがいにゆく方が、ずっと無難で賢いやり方だ。
「やります」
 決意してしまえば、迷いなどすぐに吹き飛んだ。女王の目をしっかりと見返し、力強くうなずけば、メーヴェリエルは興味深そうに目をみはった。
「成程、息子が気に入るはずの胆力よ」
 女王は愉快そうに肩を揺らしていたが、すっと唇を引き結ぶと、しゃん、とまたひとつ、錫杖を鳴らす。
「では行け、アイビス。この試練には人間は一人で赴いてもらう故、それを重々胸に刻むのじゃぞ」
「かしこまりました」
 サシュヴァラルに恥をかかせる訳にはいかない。それ以上に、地上の民の代表として、海の民に対して粗相があってはいけない。その為にも、必ずこの試練を乗り越えてみせよう。
 空を飛ぶ時に胸に宿すような、強い決意を抱いて、アイビスは再度頭を下げるのであった。

Page Top