第3章:水底に揺蕩う雪(1)


 ちらちらと、白く細かい何かが視界を漂う。
『海の中でも雪は降るのよ』
 そう話してくれたのは、たしか母だったか。『灘雪なだゆき』と、どこか懐かしそうな目で遠くを見つめて、その名を呟いていた母の横顔は、今も記憶に残っている。
『実際には、小さな生き物の死骸が、海底に降ってくるだけなのだけれどね』
 母は苦笑したが、大陸南方に位置するエレフセリアに、雪は降らない。本物の雪すら見た事の無い自分にとっては、どんなものか想像がつかない。だが、だからこそ、心惹かれる現象として、胸の奥に根付いていた。
「――ビス。アイビス」
 その『灘雪』を思わせる白に囲まれた中、自分の名を呼ばれて、アイビスの意識はゆるゆると現実に導かれてゆく。聞き覚えはある声だが、今までよりも、より明瞭で、力強い。
「大丈夫か」
 深海の蒼い瞳が、不安げにこちらの顔を見つめている。その端正なつくりは、女子でも嫉妬を覚えるほどに美しい。ぼんやりとそう思った時、水かきを持つひんやりとした手が頬に触れ、髪を払ってくれた事で、アイビスははっと覚醒した。
 淡紅色の珊瑚礁が遠くまで広がり、色とりどりの魚が、すぐ脇を泳ぎ抜けてゆく。その中で、白い灘雪がふわふわと踊っている。ここは水の中ではないか。そう思い至った瞬間、息が出来ない、とアイビスは心底焦って、むせ込みながら無闇に手足をばたつかせた。
 突然腕の中で暴れ出した少女の拳が顔をかすめた事で、腕の主――サシュヴァラルが一瞬驚きの表情を浮かべる。それから、きかん気の子供をあやすようにとんとんと肩を叩いてなだめてきた。
「アイビス、落ち着いて。平気だから」
 彼の声が、するりと耳に滑り込んで、じんわりと身に染み渡ってゆくようだ。「深呼吸をして」と言われたので、ひとつ、大きく息を吸い込む。口の中に、空気ではなく海水が入り込んでくる感覚がしたが、しょっぱさは無く、息が詰まる感覚もしない。ゆっくりと吐き出せば、やはり大気の泡ではなく、水が流れ出て、周囲の海水に溶け込んでいった。
「すまない、怖い思いをさせて」サシュヴァラルが申し訳なさそうに、愁眉を曇らせる。「だけど、地上の人間が海底に順応するには、まずは人魚の血を飲むしか無いんだ」
 よくよくサシュヴァラルの顔を見れば、思い切り唇を噛み切った痕があり、じんわりと周囲の水に赤を混じり込ませている。
「そんな、わたしの為に」
 傷ついていた彼に、さらに傷を負わせてしまった事が申し訳なくて、アイビスは彼の唇に手を伸ばす。清冷とした柔らかい感触が指に触れ、サシュヴァラルがくすぐったそうに目を細めた。
「あ、ごめんなさい」
 もしかしたら、くすぐったいだけではなくて、まだ痛みが走るのかもしれない。すぐに手を離したが、その手に一回り大きな手が重なり、きゅっと握り込まれた。
「君のせいじゃあない」
 彼がふわりと浮かぶような柔らかい笑みを見せる。
「俺こそ、それしか生き残る道が無かったとはいえ、君の意志も訊かずに海へ連れてきてしまって、すまなかった」
 その口ぶりに、アイビスはきょとんと目を見開き、それから数度、瞬きをする。本当に彼は、先程までの無邪気な人魚なのだろうか。拙い喋り方ではなく流暢に聞こえる。しかも、「僕」ではなく、その秀麗な顔で「俺」などという一人称を使うのだ。あまりの差に、心臓がばくばくと妙な鼓動を刻み始める。
 アイビスの頬に朱が差した事で、気づいたのだろう。「驚いたかい?」とサシュヴァラルが軽く肩をすくめる。
「今までは、君と話せるように、覚えた地上の言葉を使っていたんだ。だけど地上の言葉は難しくて、全然上手くならなかった。君が俺の血を飲んだから、人魚の言葉も通じるようになったんだ」
 そうして彼は、心底嬉しそうに笑みを閃かせる。
「これでやっと、君と話す事にもどかしさを覚えなくて済む」
 口ぶりは逞しくなったのに、笑み崩れる顔は、やはりどこか無邪気な少年らしさを備えている。その違いに思考がついてゆかず、視界を舞う灘雪が、汐彩華よりもまぶしくちかちかして見え始めた。
「……大丈夫かい、どこか具合が悪い? まれに人魚の血に拒絶反応を示す人間もいるから」
 サシュヴァラルが心配そうにこちらの顔を覗き込んでくる。ぐっと距離が近くなった事で、アイビスの心臓がまたも滅茶苦茶に騒ぎ出す。
「だ、大丈夫! 何でもないわ、ほら!」
 気恥ずかしさを隠そうとぶんぶん振った腕が、またやサシュヴァラルの鼻先をかすり、彼が少々驚いた様子で軽く半身を引く。それでアイビスは、自分の言動が先程から彼を翻弄している事を自覚した。
「ご、ごめんなさい!」
 慌てて何度も頭を下げれば、しかしサシュヴァラルはくすりと笑みを洩らす。そして「構わないさ」と水かきのついた手で、こちらの頬をするりと撫でた。
「ずっと、手の届かない君を見ていた。こうして触れ合えて、語り合えるようになった嬉しさに比べたら、君の予想外の行動も、気まぐれな魚より遙かに可愛いものさ」
 地上の時に比べて、遙かに饒舌だ。しかも両手で顔を覆いたくなるような甘ったるい台詞を吐いてくるものだから、アイビスの心拍数は上がりっぱなしだ。肌に触れる水の感触はたしかに冷ややかなのに、頬は熱を持って火照っているのが、嫌というほどわかる。
 そんな少女の面映ゆさを、わかっているのかいないのか、人魚の青年は眩しそうに目をすがめて見つめ、それから再度手を差し伸べる。
「行こう。母上に会ってくれ。新しい訪問者は、まずは海の王に挨拶するのが流儀なんだ」
 いきなり親とご対面とは、サシュヴァラルも相当気の早い青年だ。更に沸騰しかけた頭が、一つの言葉にふと、冷静さを取り戻す。
 青年の口ぶりでは、海の王とは彼の母親らしい。それはすなわち。
「あなた、王子様なの!?」
 思わず素っ頓狂な声が、アイビスの喉から放たれた。そんな大層なひとと、言葉を交わし、唇を触れ合い、あまつさえ、二度も殴りかかるところだった。いや、問題はそこではない。そんなに海に近いひとが、どうして嵐に巻き込まれてエレフセリアの浜辺に打ち上げられていたのか。
「嵐の夜に散歩をするのが趣味なの?」
 前提を音にする事をすっ飛ばして、思ったままを口にすると、それでもサシュヴァラルは理解してくれたらしい。深海の瞳を決まり悪そうに細めて、肩をすくめた。
「君は波風の強い日にも、敢えて飛ぼうとした事が、何度もあるだろう? だから今回も飛ぶつもりじゃあないかと気になって海上に出たら、高波に巻き込まれて。俺とした事が迂闊だったよ」
 アイビスはぱくぱくと口を開閉して、唖然とする事しか出来なかった。今度も自分のせいか。あれだけのひどい怪我を負わせた上に、更に姉タバサの手で苦しめられた原因が、己にある事がわかって、申し訳無さで胸が一杯になる。
 だが、サシュヴァラルは、責任の所在を殊更吊るし上げようとする性格のひとではなかった。この話は終わり、とばかりに優しく微笑んで、差し出していた手を伸ばし、アイビスの手をぎゅっと握り込む。
「行こう」
 魚の尻尾を優雅に翻して泳ぎ出す彼に手を引かれるままに、アイビスも水を蹴る。逞しい裸身をさらしている彼と違い、服をまとったままなので、動きが妨げられはしないかと心配になる。だが、水はエレフセリアに吹く追い風のごとく優しくアイビスを包み込む。まるで最初から海底での泳ぎ方を知っていたのではないかとばかりに、彼女は海中を舞った。

Page Top