第2章:汐火垂しおほたるの向こうへ(5)


 暑さからではない汗が背を伝い、すぐに冷えてゆく。
 まさかこの柔弱な義兄がここに現れるとは思っていなかったので、アイビスの身体は緊張から、かたかたと小さく震えた。
 いくら普段頼り無い優男といえど、一国の王子。幼い頃から武芸をたしなみ、アイビスの細腕が振り回す短剣など容易く打ち落とすくらいの体さばきは心得ている。まともに向かい合ったら勝ち目は無い。
 あんなに侮蔑されていたのに、この期に及んで、姉の味方をするのか。いや、今だからこそ、点数を稼いで姉のご機嫌取りをするつもりなのか。背後でサシュヴァラルが歯をむき、低く唸っている声も遠く聞こえる。
 だが、ここで怖じ気づいて逃げ出す訳にはいかない。かつて出会った海の少年サシュヴァラルを、無事に海へ帰すと決めたのだ。ぎんと相手を睨みつけ、汗でぬめる短剣を握り直す。
 ファディムはその様子を、やけに感情の乗らない目でじっと見つめていたのだが。
「アイビス」
 不意に、いつもの優しい声で呼びかけて、相好を崩した。
「そう警戒しないで。僕は君の味方をする」
 言いながら彼は静かに近づいてきた。サシュヴァラルがことさら深い唸り声をあげるのにも怖じ気づかず、優しい手つきでアイビスの手から短剣を抜き取り、そっと鞘に戻す。
 どうやって扉前の見張りをかわしてきたのだろうか。疑念は顔に出てしまっていたらしい。ファディムはくすりと笑って、短剣を戻したのとは逆の手に握っていた酒瓶を、得意気にかざしてみせた。
「睡眠薬は少量しか入れていないから、身体に大きな負担をかける事は無いだろうけど、むこう半日は目覚めないだろうね」
 悪戯っぽく笑ってみせる義兄の姿に、アイビスはもう、ぽかんと口を開けて立ち尽くすしか無かった。いつも姉の顔色をうかがってびくびくしていた彼が、随分と大胆な行動に出たものだ。更に驚くべき台詞を、彼は続ける。
「子供達に手伝ってもらって、離れから、君の翼の試作品を持ち出した。いつもの丘に置いてある」
 最新の翼はぐちゃぐちゃに壊れてしまった。だが、初めて空を舞う事が出来た試作品は、離れの片隅にずっと置いてあった。それを知っているのは、アイビスの滑空癖を一番近くで見て、離れにも案内した事があるファディムだけだ。
「皆には、アイビスが夜間飛行の練習をするけれど、誰にも見られたくないって言ってたから秘密だよ、って言い含めておいた」
 唇の前に人差し指を立てて、彼はくすりと笑みを洩らす。
「……どうして?」
 何故、政略結婚とはいえ愛すべき妻ではなく、ただの義妹の為に、配偶者に不興を買う事を承知の上で、力を尽くしてくれるのか。不安すら湧いて訊ねると、ファディムはふっと笑みを消し、真剣な瞳でアイビスを見つめ、そっと温かい手が頬に触れた。
「誰も味方じゃあないこの王宮で、君だけが僕に対等に接してくれた。君だけが味方で、友人で、家族だった。いつか君が本当に困った時、君の力になれるなら、何でもしようと、心に誓っていた」
 告白にも近い口上に、アイビスは思わず目をみはってしまう。彼の手はほんのり温かく、海の民であるサシュヴァラルとは好対照だという事を教えてくれる。だが、選ぶ言葉は違えど、向けられる想いは変わらない。心臓が逸り出す。こんなに真率な義兄に先程疑いをかけてしまった事を、深く恥じ入った。
 必要以上に近づく二人を見て、人魚の青年が不機嫌そうにまた唸り声をあげるのが、少し遠く聞こえる。意外と嫉妬深いのかも知れない、という考えが、呑気に脳裏を巡った。
「さあ、時間が無い」サシュヴァラルのやきもちに気づいているのかいないのか、ファディムは手を離し、外を指差す。「人が来る前に、行こう」
 最前まで彼の手が触れていた頬をおさえながらおずおずとうなずき、しかしアイビスは、ひとつの懸念事項に思い至る。
「どうやって、彼を丘まで?」
 サシュヴァラルを見やる。彼の下半身は立派な鱗持つ魚のものだ。アイビス一人で運ぶ時は相当な労力を強いられた。ファディムと二人がかりでも、結構な時間がかかってしまうだろう。その間に姉に気づかれ追いつかれる可能性が高い。
 すると、何を話しているのかわかったのか、サシュヴァラルが「大丈夫」と八重歯を見せた直後、くるりと水槽の中で一回転した。直後、青の鰭が消え、すらりとした、人間と同じ足が現れたのである。
 当然のごとく、一糸まとう事無く。
 アイビスは抑えた悲鳴をあげながら赤くなった顔を逸らし、ファディムが困った表情で周囲を見渡して、カーテンをはぎ取ると、「これで身体を隠して」とサシュヴァラルに差し出す。人魚の青年は、二人の反応の理由をよくわかっていない様子ながらも、水槽から出る。そして、ファディムに敵意丸出しの視線を向けながらカーテンを受け取り、胸から腿を覆うように巻き付けた。
「急いで」
 義兄に促され、アイビスは入ってきた窓に取り付き、鍵を跳ね上げる。窓を開け放って振り返ると、サシュヴァラルがいつの間にか横に立っていた。その手をしっかり握れば、表情を明るくする。そんな無邪気な彼を引っ張って、再び窓を乗り越え、裏庭へと飛び出す。普段人魚の姿で泳いでいる青年に地面を駆ける力はあるかと危惧したが、サシュヴァラルは強い足取りで草を蹴って、アイビスの駆ける速度にしっかりとついてきてくれた。
 その後をファディムが追ってくる。普段腰に差しっぱなしで、『軟弱王子のお飾り』とジャウマが嘲ってすらいた事のある、銀の剣を鞘から抜き放ち、油断無く周囲を見渡しながら。次期エレフセリア王として心許無い、と誰もが評していた彼の想定外な気概に、アイビスも舌を巻くしか無い。
 裏庭を走り抜け、林の中の踏み締められた道を駆けのぼって、いつもの丘へ。夜の潮風に浜辺から吹き上げられた汐彩華が、月明かりを受けて、ぼんやりと淡い青白さを伴ってちかちかと舞っている。エレフセリアでもこの時期にしか見られない事から、潮の混じらない水場で夏に飛ぶ光虫の名を戴いて、『汐火垂しおほたる』と呼ばれている現象だ。
 そんな汐火垂の群れに見守られる中、アイビスは翼を手早く点検する。初めて空を飛んだ時の試作品ゆえ、先日の最新作には精度が及ぶべくも無いが、人二人を抱いて飛ぶのに支障は無さそうだ。
「ありがとう、ファディム」
 振り向けば、義兄はほのかに微笑んで、礼など要らぬとばかりに首を横に振る。
 言葉以上の感謝を胸に抱きながら翼を背負うと、サシュヴァラルに手を伸ばす。青年は唇を引き結び、手を握ると、ぴったりとアイビスに寄り添ってきた。
 婚約者のジャウマにさえ、ここまでの密接を許した事は無い。異性――しかも子供の頃憧れた少年――が接近している事に、どきどきと胸が高鳴ってしまう。しかし今は、照れたり恥ずかしがっている場合ではない。遙かなるアリトラを見つめ、一刻も早く、翼が乗る事が可能な風が訪れる事を待つ。いつも以上の緊張に、両の掌はじっとりと汗をかき、軽い木と布で組んだはずの翼が、普段感じているよりもずっしりと身にのしかかってくる。サシュヴァラルが、心配そうな色を宿した蒼海の瞳を向けてきたので、「大丈夫、怖がらないで」と、やや強引に笑顔を作って返した。
 右へ、左へ。汐火垂が淡い風に流されてゆったりと揺れる。良い風が来ない事に、じりじりと焦りは募り、悪態をつきそうになった時、これだ、と思う風が吹いた。
 だが、直後。
「アイビス!」
 空気を裂く音と共に飛来した細長い何かが、アイビスの背を守るように飛び出したファディムの肩を直撃した。彼は剣を取り落とし、呻きながら肩をおさえて屈み込む。
「ファディム!?」
 驚いて、悲鳴じみた声をあげてしまう。彼の肩に矢が刺さり、流れ出す血が、彼の服を赤く染め、おさえた指の間も伝い落ちて、地面に染み込んでゆく。
 一体誰が、こんなひどい事を。混乱に陥るアイビスの思考に割って入ったのは。
「まったく、本当に馬鹿ばっかりね!」
 いつも聞いている嫌味に満ちた声に、更にあくどさを加えたものだった。
「どいつもこいつも阿呆だとは思っていたけれど、このあたしの邪魔までするほど愚かだとは思ってなかったわ」
 姉タバサだった。当然のごとくジャウマを隣に従え、弓矢を構えた兵士を数人連れている。その顔は怒りに歪み、邪悪、とも言える様相を呈していた。
「人魚を捕まえなさい」彼女は冷たい声で、ジャウマと兵士達に命じた。「あとは死んでも構わないわよ」
 ざ、っと。アイビスの頭から血の気が引く。サシュヴァラルが再び姉の手に落ちかねない危機を感じたからだけではない。彼女は今、アイビスとファディムを、「死んでも構わない」とはっきり断じたのだ。
 そこまで、嫌われていたのか。そこまで、邪険に扱われていたのか。身内の情はどこかに存在すると、微かな望みを託していた事さえ、無意味だったのか。無力感に襲われるアイビスだったが。
「死なない」
 アイビスにしがみついていたサシュヴァラルが、その腕に込める力を一層強めた。
「アイビス、死なない。狙う、奴、サシュ、許さない」
 自身も危険な目に遭っているというのに、こちらを気遣ってくれるその思いに、目の奥がじんわりと熱くなる。
「……アイ、ビス」
 更に背中を押してくれたのは、ファディムの声だった。肩をおさえてうずくまりながらも、必死に痛みをこらえる真剣な表情で告げる。
「僕の事は気にしないで。行くんだ。海へ」
 本当は駆け寄って、矢を抜いて手当をしてやりたかった。彼も連れて三人で飛び立ちたかった。だがそれはかなわぬ事であるし、アイビスが自分の為に時間を浪費するのは、ファディムの望むところではないだろう。
 最高の風が去ろうとしている。今までの経験から、アイビスは感じた。それはファディムも気づいたらしい。
「行くんだ、アイビス!」
 叱咤に背を押され、アイビスは地を蹴り走り出した。翼が風をつかんだところで、たん、と跳ね、地面に別れを告げる。いつもより重みを抱えた翼は、一瞬下降しかけたので、ひやりと背筋が寒くなった。だが、すぐに均衡を取り戻し、アイビスとサシュヴァラルは汐火垂と共に空を舞う。
 ファディムは大丈夫だろうか。気になって肩越しに振り返った時、ジャウマがファディムに蹴りを入れ、義兄が崖から落下してゆく光景が見えて、心臓がぎゅっと締めつけられた。
 姉は遂にやってしまった。ディケオスニ王国との関係は砕け散るだろう。いや、姉なら「悲しい事故であった」といくらでも弁を繕って、いけしゃあしゃあと報告するに違い無い。その後は、最も自分をおだててくれるジャウマを相方に据えて、やりたい放題だ。病床の父から王位を譲渡させるのも簡単だろう。
 その為の障害であるもう一人が誰か。アイビスがその考えに至るのを待っていたかのように、丘から幾筋もの矢が、こちらに向けて飛んできた。矢は翼の布を貫き、骨組みにぶつかって、試作品を容易く破壊する。
 壊れた翼に巻き込まれ、きりもみしながら、アイビスは海面に向かって落ちてゆく。昼とは違う暗い海は、ひとたび呑み込まれたら二度と帰ってこられない深淵へ引きずり込もうと腕を伸ばしているようで、恐怖をもたらす。
 だが。
「怖がら、ないで」
 決意を込めた低い声と共に、サシュヴァラルがアイビスを抱く腕に、より一層の力を込めた。かと思うと、しゅるりと音を立てて、足が人間のそれから、元の魚のものに戻る。
「サシュ、アイビス、守る」
 冥府の入口のような海に叩きつけられる直前、青い泡が現れ、二人をすっぽりと包み込んだ。泡は静かに着水し、海水が流れ込んでくる事無く、ゆっくりと沈み始める。
「海の、底。地上の、民、少し、つらい。飲んで、しばらく、我慢、して」
 至近距離でサシュヴァラルの声が聞こえたかと思うと、深海色の瞳が間近に迫り、唇が重なる。それと同時に、塩辛い液体が口内へ流れ込んできたのだが、口を塞がれているし、サシュヴァラルが「我慢して」とわざわざ前置きしてくれたのだ。大丈夫だろう、と判断し、こくりと飲み下す。
 途端、抗いがたい眠気がアイビスを襲い、意識が遠ざかってゆく。
 水面に舞い降りた汐火垂がきらきら輝いて揺らめいている光景も、次第に見えなくなってゆくのであった。

Page Top