第1章:おかの赤き姫と、海の青き人魚(1)


 きらり、まぶしい太陽が今日も光る。
 生命を終えて白砂へと還った珊瑚が浜辺に舞い、きらきらと輝きを放つ。その姿は、「汐彩華しおさいか」と呼ばれ、ここエレフセリア王国の夏の風物詩となっている。
「アイビスー!」
「がんばれがんばれ!」
 そんな汐彩華飛び散る砂浜を見下ろす丘の上で、下は三歳ほどから上は十になるだろう子供達が数人、歓声をあげている。それを背に受けながら、遙かなる海を見下ろすのは、一人の少女だった。
 年の頃は十六、七。白のシャツと桃色の膝丈スカートという簡素な格好に身を包み、炎のごとき色をした肩までの髪を、ゆるやかな風になびかせ、血色の良い唇は上限の弧を描く。紅玉ルビー色の瞳は、期待に弾んだ光をたたえて、青い海原を見つめていた。
 その背には、翼が生えている。いや、「背負っている」と表した方が妥当だろう。鳥の羽根を、軽い木の骨組みと丈夫な布で模した、大人が三人ほど腕を伸ばした長さを持つ、人工の翼だ。
「アイビス」
 少女の傍らに、青年が歩み寄ってくる。焦げ茶色の巻き毛に、黒の瞳を持つ彼は、少女の顔を覗き込んで、穏やかな声をかけた。
「頑張って、君ならいつも通り飛べるさ。いや、いつも以上にね」
「ありがとう、ファディム」
 心の裡を表すかのような柔和な笑みを見せる青年に、アイビスと呼ばれた少女は、溌剌とした返事をする。青年が少しばかり頬を朱に染め、目を細めて離れる。そしてやんやの声を送る子供達の輪に交じって見守る形になると、彼女は再度前を向いた。
 潮風はまだ、横から吹いている。翼の把手を握り締めて、機を待つ。アイビスの真剣さを感じ取ったか、子供達も今は黙り込んで、ファディムと共にじっと少女を見つめている。
 やがて、追い風が吹いた。
 その途端、アイビスは意を決して走り出した。スカートが翻って腿まで露わになるのも気に留めず、丘の終わりに至ると、使い古したサンダルで力強く地を蹴る。
 一瞬、崖から落下したように見えて、子供達が悲鳴じみた声をあげた。青年も心配そうに眉間に皺を寄せる。だが、直後。
 ふわり、と。
 風を得た翼は空気の流れに乗って、宙を滑り出した。ファディムがほっとした表情を見せて、子供達は口笛を吹き手を叩く。
 木と布の翼は、風に押されて小さくばたばたと音を立てながら、陽光が眩しく反射し汐彩華が煌めく海の上を征く。小さく上下する浮遊感は身に心地良く、びょうびょうと鼓膜を叩く音は、亡き母の子守歌と同じくらい、安堵感で心を満たしてくれる。
 地上を離れ、海原を見下ろすこの瞬間が、アイビスは好きだ。様々なしがらみから解き放たれた鳥のように自由に、風に身を任せて空を舞う。今この時だけ、アイビスは地上と隔たれた存在になれる気がする。
 はしゃぎ声が少し遠くに聞こえる。子供達が丘を降りて、浜辺を駆けているのだ。
『空を飛ぶ』
 エレフセリア王宮の図書室にしか残っていない資料。その方途にアイビスは惹かれ、設計図を引っ張り出し、幾年も一人で試行錯誤を重ねた。最初は飛ぶどころか、組んだ翼がばらけないように形を保つだけでも一苦労だった。だが、やっと形を保ち、浜辺に持ち出して、風に乗るところまで辿り着いた頃、周辺の集落の子供達が興味を持って集まり、アイビスが飛ぶ様を応援してくれるようになった。
「所詮、王位に関係無い第二王女の道楽」と、大人らは苦笑して遠巻きに見ていたが、子供達は、アイビスが空を舞う様を大声で応援し、今日はどれだけ飛べるか、興味津々で注目してくれる。
 そんな反応に見守られながら、アイビスは海の色が遠浅のあおから、深みのあるあおへ変わる場所までやってきた。気分が良いからと、少し調子に乗りすぎたか。ファディムも心配するし、そろそろ楽しい時間を切り上げて帰ろうと、陸へ戻る風をつかむ為に方向転換を試みた時。
 みしり、と。木の骨組みが、きしんだ音を立てたかと思うと、右の翼がばっきり折れた。
 風に乗れない翼は自重に潰される。アイビスは空中分解してゆく翼と共にきりもみしながら落下した。浜辺で子供達やファディムが、届かぬ手をこまねいて右往左往しているのを逆様に見ながら、海面に叩きつけられる。
 衝撃が身に訪れ、直後、つんと鼻の奥を突く痛みがやってくる。無意識に開いていた口の中にも潮水が入り込む。塩辛さに言葉にならない悲鳴をあげれば、肺の中の空気が無駄に吐き出された。
 なんとか水面に上がろうともがくが、ぼろぼろに折れ曲がった翼が絡みついて身体の自由を奪い、思うように動けない。調子に乗った結果、こんなところで溺れ死ぬのだろうか。苦しい息の中、恐怖の闇が胸にするりと滑り込んできた時。
 力強い腕が、アイビスをしっかりと包み込んだ。かと思うと、冷たい唇がアイビスの唇を塞ぎ、空気を送り込んでくれる感覚がする。
 誰だろう。ファディムが助けにきてくれたのだろうか。それにしてはあまりにも行動が速いし、細身の彼の外見に反して、腕の力が強いように感じる。
 朦朧とした意識の中、アイビスの視界に青が入り込む。
 それは、いつかの記憶にある、輝く鱗を持つ魚の尾のように見えた。

「――、アイビス!」
 ファディムの声が聞こえる。目を閉じていてもきらきらまなうらで光る汐彩華の輝きを、少しだけ鬱陶しく思いながら、まぶたを持ち上げる。
 黒の瞳が、心底案じる色をたたえてこちらを見下ろしている。アイビスが二度、三度まばたきをして、しっかりと目を開くと、
「良かった、気がついて」
 青年は安堵の吐息を洩らした。
「君は運が良いよ。潮の流れに乗って、この岩場まで戻ってこられたんだから」
 言われて初めて、アイビスは、ファディムの腕の中で、ずぶ濡れになった状態で抱かれている事に気づいた。こうべを巡らせれば、そこはよく知っている浜辺の岩場。ぼろぼろの翼は外されて横に置かれ、子供達が心配そうな顔で覗き込んでいる。
「アイビス、だいじょぶ?」
「痛くない?」
「苦しくない?」
 正直、海面に叩きつけられたせいで、身体はみしみし悲鳴をあげているのだが、口々に不安の言葉を投げかけてくる彼らに、これ以上心配をかける訳にはいかない。ファディムの手を借りながら身を起こし、無様を恥じる気持ちを隠して、子供達にすまなそうに笑みかける。
「大丈夫よ。皆をびっくりさせちゃったわよね、ごめんなさい」
 精一杯の詫びの言葉は、それでも子供達を安心させるには充分だったらしい。一様にほっとした表情を見せて、それから、年かさの子供が、「でも」と、残念そうに翼の残骸を見やる。
「飛べなくなっちゃった」
 たしかに、木の骨組みはばきばきに折れ、布も海水をたっぷり吸って、使い物にならなくなっている。これを修繕するよりは、また一から新しい物を作った方が早いだろう。
「大丈夫だよ」
 そんな彼らに、アイビスが何かを言うより先、ファディムが元気づけるように口を開いた。
「アイビスの空を飛ぶ情熱は、エレフセリアの誰にも負けてはいない。すぐにまた、新しい翼で飛べるようになるさ」
「そっか!」
「そうだね!」
「楽しみにしてるからね、アイビス!」
 この言い分も、子供達を納得させるに足るものだったようだ。彼らは一様に明るい表情を閃かせ、口々にアイビスを励ましてくれる。無邪気な応援は、最近しでかしていなかった失態を犯して、実のところ落ち込みかけていた少女の心に、温かい火を灯してくれた。
 とはいえ、夏ではあるものの、海に落ちて濡れ鼠の身体は冷え始め、細かく震えている。
「帰ろう」それを腕越しに察したのだろう、ファディムが手を貸して立たせてくれた。
「アイビス、ファディム、またね!」
「また飛んでみせてね!」
「今度は海の向こうまで飛んでいってね!」
 元気良く腕を振り回す子供達の激励に背中を押されながら、アイビスはファディムと共に、帰り道を歩き出す。
 その時、視界の端を、何か青いものが横切った気がして、彼女は足を止めた。背後に置き去りにしようとしている海を振り返る。
 だが今、海面は穏やかに凪いで、水飛沫をあげる飛魚一匹見つける事もかなわなかった。

Page Top