プロローグ


 子供の頃、不思議な体験をした。
 毎日のように意地悪な姉にいじめられ、その日も「チビ」だの「頭足らず」だのと罵倒を浴びせられた。
 夏の陽光照りつける空の下、白い砂浜に飛び出し、寄せては引く波に素足を洗われ、服の裾を海水に濡らしながら屈み込んで、しくしくと泣いていた。すると、近くの岩場から、じっとこちらを見つめる視線を感じたのだ。
 つと、そちらを振り向けば、海原のように淡い青の髪と、より深い蒼の瞳を持った少年が、ぱっと笑顔を閃かせた。年の頃は、自分より二、三歳ほど上だろうか。女子にも見紛う整った顔立ちをしている。
 惹かれるように立ち上がり、数百、数千年をかけて珊瑚の死骸が砕けた浜を踏み締める。宙に舞う砂が、光虫が踊るようにきらきら輝く中を、ぱしゃぱしゃと水音を立てながら歩み寄ってゆく。少年は、こちらが近づいてゆくほどに、その表情の明るさを増していった。
 そして、ごつごつした岩場を歩き、少年と向かい合うと、不意にひんやりとした感触が手に触れた。少年の手だと気づくには、指に触れる皮膚がやや硬い事に違和感を覚えたので、少しの間が空いた。見下ろせば、その指と指の間に、水かきのような繋がりが見える。
 相手は、自分より低い目線から、こちらを見上げていた。それもそのはずで、岩場に立っている自分と違い、少年は、腰まで海に浸かって、水の中から手を伸ばしていたのだから。
「君」
 少し舌っ足らずな、高い声が、耳朶を打った。
「君。まるで、朱い鳥アイビス
 遙かなる青い高みを指差し、少年は眩しそうに目を細める。
「海の、僕。手、届かない。高い、飛べる」
 つられて見上げる。天に南中した太陽が、誘うように輝いている。
 ここへおいで、と。
「僕、海、泳ぐ。君、空、泳げる」
 ぽかんと口を開けていると、少年が八重歯をのぞかせ、弾むような声をあげた。
「一緒、泳げる!」
 たどたどしい言葉ではあったが、それは確実に、幼い心を打った。
 にっこりと。
 満面の笑みを見せ、手を離して、少年が身をひねった。次に見たものに、吃驚して目をみはってしまう。
 海に溶け込むかのように青く輝く鱗に覆われた、尻尾を持つ魚の半身。それが翻って水飛沫をあげる。
 何の見間違いだろうか。ごしごし目をこすって、拳を退けた時には、少年の姿はどこにも見当たらなかった。
 家族のもとへ帰り、少年の話をしても、父と姉はまともに取り合ってくれなかった。少しばかり綺麗な魚を見た興奮から、幼い作り話を思いついたのだろうと。
 姉に至っては、
「そんなろくでもない妄想ばっかりしているから、勉強も出来ないのよ。嘘つき馬鹿妹」
 と、嘲笑を浴びせかけてきたのだ。

 妄言を吐く嘘つき呼ばわりをされてびいびい泣き、夕食もろくに摂らなかった。だが、母だけは違った。娘と一緒に寝床に入ると、優しい手つきで髪を梳きながら、
「あなたは、海の底のひとと出会ったのよ」
 と、全身を柔らかい毛布でくるむような声音で告げた。
「この国が興る前、一緒に暮らしていたひと達よ。悲しい戦いがあって、地上と海に分かたれてしまったけれど、地上の民と仲良くしたいって思ってくれるひとが、今もまだいるという証拠」
 そうして、虹色の石を抱いた指輪のはまった指の細い手が、こちらの小さな手をそっと包み込んでくれる。
「どうか、彼にまた出会ったら、仲良くしてあげて。あなたが、地上と海の架け橋になってあげて」
 母の言葉は温かく身に染みる。頬を伝う冷たい感覚の意味もわからずに、しゃくりあげながら、何度も何度もうなずいた。

 それから、何度季節が巡っただろうか。
 優しかった母は、運命の姉妹神の末妹に気に入られたか、若くして御許に召され。
 彼女が海の底のひとと言った少年とは、久しく会っていない。

Page Top