番外編09:壊れた時計は進まない(1)
「役立たずが」
 髭面を苦々しく歪めた壮年の男に重たい声で言われ、赤髪の少年はまだ成長途中の肩をびくりとすくめて、色の薄い瞳を、目蓋の下にぎゅっと隠した。
「家庭教師から成績を聞いた。お前は政治には向かん」
 少年と同じ燃えるような髪色の男は、万年筆の先で苛立たしげに執務机を突きながら、罵倒を浴びせかけ続ける。
「頭の悪い穀潰しはさっさと家を出て、王都で騎士にでもなってみせろ。ギュスターヴ家の名折れが」
 父の隣に立つ母は、少年と同じ色の瞳を心配そうにこちらに向けながらも、父を諫める事はしない。彼女が助け船を出してくれた事は、ただの一度とて無い。頑固な夫に萎縮して、何も口を挟めないのだ。
「そうそう、早く出てけよ、イリオス」
 直立する少年の背後に設えられたソファにふんぞり返った、縦にも横にも大きい少年が、けらけらと笑いを浴びせかける。
「お前みたいな無能な恥さらしは要らないんだよ。騎士になって功を挙げて金稼いで、そんでもって早めにおっ死んで、莫大な遺族年金をうちにくれれば、それが最高の孝行だろ」
 完全にこちらを見下しきった兄ヒックスの言葉に、少年は歯を食いしばり、ぐっと拳を握り込む。だが、ここで殴りかかっても、相手は『兄を殴ったな!』とそれ以上の拳を浴びせ、父は『お前が悪い』としか言わず、母は怯えた顔をして黙っているだけだろう。
「時間の無駄だ、出ていけ」
 父が無慈悲に命令を下す。少年は深々と頭を下げ、両親に背を向けると、へらへらした笑いを投げかける兄の方を一顧だにせず、早足に父の執務室を出ていった。
 扉を閉め、しばらく無言で廊下を歩く。だが、目の奥をじわりと熱くするものは遂に水分の形を取って流れ落ち、少年は、柱に背を預けるとうつむいて、しゃくりあげながら、溢れる涙と鼻水を手の甲で拭った。
「イリオス」
 優しい声が落ちてきたのは、その時だった。雲間に差した陽光のように、ただ一声で少年の鬱屈した気持ちを振り払ってくれる。ぐしゃぐしゃの顔を上げれば、母に似た面差しを持つ黒髪の青年が、柔和な笑みを浮かべてこちらを見下ろしていた。
「また、父上やヒックスに何か言われたのかい?」
 父と同じ鳶色の目を細めて覗き込んでくる、もう一人の兄――長兄ランティスの笑顔の前に、止まりかけた涙腺がまた緩む。言葉に出来なくて嗚咽ばかり洩らす弟の様子を見て、兄も大体の事は察したようだ。「そう泣くな」と、大きな手が、少年の頭をわしゃわしゃと撫で回す。
「お前は聡い子だ。たまたま勉学の範囲に合わないだけで、私の施政の見落としを指摘してくれる鋭さは、父上にも、ヒックスにも、真似出来るものではない」
 父お気に入りの嫡男は、将来のギュスターヴ家当主として、領主の仕事の一部を任されている。他の家族にないがしろにされるゆえ、穏やかに接してくれる兄にくっついて彼の職務を眺めていたイリオスが、ふと気づいた仕事の抜け穴を指摘すると、長兄は驚いたように目を見開いて、それから、ふっと口元を緩めた。
『お前は頭の良い子だな、イリオス。勉強とは違う勘の良さは、実務に欠かせないものだ』
 背丈だけは同じ年頃の少年達より遙かに高いイリオスと真正面から対等に向き合って、兄は弟をそう評価してくれたのだ。
『今はまだ父上達には内緒で、私を助けてくれないか。いつか一緒に、父上を吃驚びっくりさせよう』
 そう言って、差し出された小指に、イリオスは自分の小指を絡ませて、兄弟二人きりの秘密の約束として交わした。
「兄上」
 この情け深い兄の役に立てるなら、父になじられても、次兄に馬鹿にされても、母に助けてもらえなくても、頼りにされている、という誇りが胸に宿る。イリオスはぐしぐしと顔を拭うと、表情を輝かせた。
「僕も光栄です。兄上のお役に立てるなら、どんな事でもしてみせるつもりです」
 その言葉に、満足そうに兄が微笑む。孤独な邸内で、この笑みを自分だけに向けてもらえる事が、本当に嬉しかった。
BACKTOPNEXT