プロローグ
 ぽたり、ぽたりと。
 赤い血が、鈍色の床に不規則な絵画を描いた。
 ほのかな青い光を放つ剣は今、背の高い黒衣の男の胸板を貫いて、鮮烈な赤を生み出している。
「……愚かだ」
 男は長い紫髪を揺らし、かすれた声で呟いて、濃紫の瞳を細めた。
「これで世界が救われたと思うなよ」
 呪詛のように、静まり返った空間に音が落ちる。
「貴様は悪を倒した救世主として崇め奉られるだろう。だがそれも、一時の事。王者は、己に並び立つ者を許さない」
 長い爪を持つ指が伸ばされ、剣を手にした相手の頬をかりっとひっかき、小さな傷を作る。
「貴様は消されるだろう。悲劇の英雄として」
 不吉な言葉を残し、喀血と共に瞳から光が失われる。剣が引き抜かれ、男は薄笑いを浮かべたままあおのけに倒れてゆく。
 返り血に染まった剣の主は、見開いた碧い瞳にその光景を映したまま、呆然と立ち尽くす。
 やがてその瞳に恐怖が宿り、見苦しいほどに打ち震えた。
TOPNEXT