『くりまんじゃろと僕』

奴との出会いは、学校の帰り道。
奴は、

道端に落ちていた。

それは、どこから見ても、

立派なくりまんじゅう。

何故今時道にむき出しのくりまんじゅうが?
すっげー不自然。
とても、あやしい。
ていうか、でけーよ。
様々な考えが頭の中を巡った後、オレが取った行動は、

とりあえず、避けて通ろう。

だった。
しかし、脇を通り抜けた途端。
そのくりまんじゅうに、

にょきっと、丸い手足のようなものが生えて。

ぱちっと、半円形の目が開いて。

「うゆーっ!」
と。
鳴きながら、飛びついて来たのだ。

オレは衝撃のあまり、10秒ほど固まった後、

とにかく叫びながら、走って逃げた。

しかし奴は、うゆうゆ言い、ぴょんぴょこ跳ねながら後を追って来るではないか。
1キロほど走って、息が切れ、諦めて止まったところで、
「うゆ、うゆ〜」
奴はぴょい〜んとジャンプして、オレの肩に乗った。
「な…っ、何なんだよ、お前は!」
問いかけても、
「うゆ、うゆうゆうゆー!」の繰り返し。
「『うゆ』じゃわかりません」
冷たく言い放ってやったら。

奴はさっと、日本語の書かれたボードを差し出した。

ちなみに、達筆だった。

そこには、こう書かれていた。

『拝啓
 わたくしはF78星雲のくりまんじゃろ星からやってまいりました、くりまんじゃろと申します。
 実は恥ずかしながら、わたくしの宇宙船が突然胡椒してしまい、地球に不時着せざるを得なくなってしまいました。
 宇宙船が壊れては、仲間との連絡もままなりません。
 つきましては、こうして出会ったのも何かの縁、貴男様にしばしの宿をお借りしたいのですが、よろしいで御座いましょうか。
 かしこ。』


かしこ。って、メスかよ。

「っていうか、コショウ間違ってるぞ」

一通りツッこんだ後で、オレは首を横に振った。
「嫌だね。お前みたいな得体の知れない奴とは、関わり合いたくないよ」
ガビーンとショックを受ける、奴―くりまんじゃろを、ぽいっと道に放り出す。
「オレは平凡な高校生でいたいんだ!」
そのまま奴に背を向けて、歩き出す。
「うゆ! うゆうゆ!? うゆー……」
奴の声がだんだん、泣き声に変わっていったが、オレは振り返らなかった。

しかし。

家に帰ってからも、奴の泣き声が、耳について、離れない。
窓の外を見れば、空はどんどん曇ってきて、夜になり、雨が、降り出した。

奴に行くあては、無いだろう。

くりまんじゅうみたいな奴だから、雨に濡れたら、ふやけちまうかもしれない。

オレは、傘を手に、部屋を飛び出していた。

奴はいた。
出会った場所から、ほとんど離れていない、ゴミ収集所に。
苦笑して、手を差しのべる。

「…うちに、来いよ」

そうして。
我が家には、家族が一匹増えた。

三日後、

カビた。

また三日で元に戻ったが。